オーティス・レディングの遺作であり、大ヒット曲。
この曲をレコーディングをした後、飛行機事故で亡くなった。
本人も録音後、自分の最高のヒット曲になると周りに言っていた。