いつ聞いてもポップでメローなこの曲は、ウキウキさせてくれる。
ドナ・サマーの曲でもこれは別格。
自分のツボにはまる曲だ。