なんとも不思議でポップ感ただよう井上陽水の曲。
ミステリーな詩と曲のマジック。
これが陽水の世界観。いつも酔わされる。